糸島新聞
1917(大正6)年創刊

毎週木曜日発行 購読料 1カ月 900円(税込)1部 225円(税込)
糸島新聞社
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

昭和の糸島294

2020.11.13

 狩猟シーズン 昭和61年11月

 

 カモに受難の季節―日刊紙やテレビなどでも、11月15日からの狩猟解禁に合わせて始動するハンターを取材報道していた。

 特にカモの飛来地となっている前原町加布里の雷山川河口一帯では、薄暗い夜明け前から糸島猟友会のメンバーのほか、福岡、筑豊方面からの狩猟愛好会など約150人のハンターに加え、多くの報道陣も詰め掛けて、冬の定番ニュースになっていた。

 午前6時45分、東の空がうっすら明るくなると、糸島猟友会の高橋十四征副会長が合図、ハンターたちは上空を飛ぶカモをめがけて一斉に射撃を始めた。

 この年は例年になく獲物が多い年だったという。狩猟期間は翌年2月15日までだった。

 冬の風物詩ともなっていたが、時代とともに鳥類保護の声が高まってきたことや、ハンターの高齢化や減少化などによって、冬の定番ニュースも次第に紙面から姿を消していった。

ニュース一覧