花壇にパイナップル

2鉢実つけて植えつけ −西区の周船寺公民館−

 福岡市西区の周船寺公民館で、花壇に植えられたパイナップルが来館者を楽しませている。

 パイナップルを育てたのは、同館の非常勤職員、淀川孝造さん(72)。淀川さんは以前から、食べた後のパイナップルのヘタを鉢植えにして楽しんでおり、今回実をつけたのは、昨年秋ごろに植えた台湾パイン。公民館の日当たりのいい場所に置いたり、寒い日は室内に入れたりして育てたところ、4鉢中2鉢に実がなった

15センチほどの実をつけたパイナップルを見つめる、淀川さん(右)と内川館長

 校区文化祭でみんなに見てもらおうと、10月末に花壇へ移植。公民館を訪れる子どもから大人まで、「初めてパイナップルがなっているところを見た!」と、喜んで眺めていくという。食べごろには甘い香りが漂うが、まだこのまま植えておく予定。

 淀川さんは「みんなが喜んでくれて、作ったかいがあります」と笑顔。内川義則館長は「淀川さんの心配りに、大変感謝しています」と話した。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1917(大正6)年の創刊以来、郷土の皆様とともに歩み続ける地域に密着したニュースを発信しています。

目次