九電グループなど姫島で登山道清掃

地元の児童生徒と

 糸島市志摩の姫島の鎮山(ちんやま)(標高186メートル)で11月20日、姫島小(児童数7人)と志摩中姫島分校(生徒数4人)の児童生徒が住民や九電グループ、九電の協力会社の社員とともに計約90人で清掃活動を行った=写真。

 登山道の整備に伴い、2004年に清掃活動がスタート。13年からは九電グループなどが地域共生活動の一環として参加している。この日は青空が広がり、参加者たちは汗をかきながら道沿いの草刈りや、側溝にたまった落ち葉の除去をしながら頂上へと向かった。山頂からは大海原を望むことができ、絶景が参加者たちをねぎらった。

 初めて参加した小学1年生は「道から石や枝をのけることができ、うれしかった。きれいになった道で、山を登ってほしいです」と話していた。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1917(大正6)年の創刊以来、郷土の皆様とともに歩み続ける地域に密着したニュースを発信しています。

目次