糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
  • 糸島波多江駅北1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

糸島の仏教文化を紹介 伊都博、25日から冬の企画展

2020.01.26

 貴重な古い仏像が多く残る糸島の仏教文化を紹介する冬季企画展「糸島仏〜いとしまのみほとけ〜」が25日から、糸島市の伊都国歴史博物館でスタートする。3月15日まで。

 聖武天皇の勅命による祈願で、奈良時代にインドからの渡来僧、清賀上人(せいがしょうにん)が創建したと伝わる怡土郡七ケ寺の一つである久安寺(きわじ)。この寺の後裔(こうえい)とされる浮嶽神社(糸島市二丈)には、制作が平安時代前期(8世紀初頭)にさかのぼり、九州最古級とされる木造如来形立(ぎょうりゅう)像など3体がある。

 雷山千如寺(同市)には、木造千手観音立像や木造清賀上人坐像も安置され、いずれの仏像も国の重要文化財に指定されている(企画展ではパネル展示)。また、朝鮮半島との交流の証ともいえる銅造渡来仏なども今に伝わっている。

 今回の企画展は、糸島の特色ある仏教文化について、仏像や仏画など50点余りを展示し、貴重な仏教彫刻が糸島に多く残った背景に迫る。

 今週号から連載で、企画展の見どころを紹介する。

 ◇関連講演会

 ①25日「糸島のみほとけ〜その特徴と地域性」。講師は福岡市博物館学芸員の末吉武史さん

 ②2月15日「九州最古の木彫群〜浮嶽神社木彫像はいかに成立したか」。講師は福岡市美術館学芸員の宮田太樹さん

 ③3月7日「背振山系の山岳信仰〜雷山・二丈岳・浮嶽を中心として」。講師は九州歴史資料館文化財調査室の岡寺良さん。
会場はいずれも伊都国歴史博物館・4階研修室。時間は午後2時から。定員100人(要申し込み、先着順)。参加費は各300円(観覧料含む)。申し込み・問い合わせは、同博物館屟092(322)7083。

ニュース一覧