糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
  • 糸島波多江駅北1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

豊作、息災祈って「大飯ぐらい」 深江の淀川天神社「百々手祭り」

2020.01.31

大盛りのご飯に果敢に挑戦する氏子ら

 山と盛られたご飯をたいらげ、五穀豊穣や無病息災を祈る伝統行事「大飯ぐらい」(糸島市指定無形民俗文化財)が26日、同市二丈深江の淀川天神社で行われた。

 同社の百々手祭りの一環。神事の後、氏子らは向かいの淀川公民館前に置いた的目掛けて矢を放ち、厄をはらった。

 同公民館に場所を移し、氏子ら約20人がお膳の前に座った。用意したセリとクジラの煮付け、大豆の煮物、目刺しとなます、豆腐とイワシのみそ汁の一汁三菜をおかずに、ご飯を食べた。
行事には「子々孫々まで食べ物に困らないように」という願いが込められている。1杯目は普通盛りだが、2杯目からは給仕役がおわんにうず高く盛ったご飯を手渡す。「もう食べられない」と苦しむ氏子と、何とかおわんを奪い、おかわりを進めようとする給仕役の男性のやり取りが見どころ。

 「子どもや孫が生まれた」など、祝い事があった人には、給仕役が「祝いまーす」と言って頭からとっくりの水を掛ける習わしもあり、笑顔の絶えないお祭りとなった。

ニュース一覧