糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

新型コロナウイルス感染防止

2020.03.6

2日午後、帰りの会で児童に声を掛ける吉丸教諭=南風小

 全国的な新型コロナウイルスの感染拡大により政府が出した臨時休校の要請を受け、糸島市内の小中学校(全22校)は、3日から24日まで臨時休校に入るという前代未聞の事態に突入した。同市教委から2月28日、臨時休校の通知を受けていた。小中学校は25日から4月5日まで春休み(学年末・学年始休業日)に入るため、子どもたちが次に学校に一斉登校するのは、年度明けの同6日の始業式からとなる。

 南風小では2日、6年生が卒業式の練習をしたり、1年生が図工の授業で箱を使った作品を仕上げたりした。他の学年も未実施だったテストをするなど、休み前の貴重な一日をあわただしく過ごした。同小の髙瀬雄大教頭によると、教諭らは休み期間中の課題プリント作りや、テストの点数をパソコンに入力するなど、臨時休校への対応に追われた。

 課題プリントは、春休みに予定していたものに3週間分が追加され、「夏休みの友の2倍のイメージ」(髙瀬教頭)。分厚いプリントの束を受け取った子どもたちは、「こんなにあるの」と悲鳴。

 6年2組担任の吉丸一樹教諭は帰りの会で、「(学校に来る日数が)いきなり短くなってしまったけど、このクラスでよかったと思える、温かいクラスにしようね」と声を掛け、クラスの女子児童は「もっともっと一緒にいたかったのに、友達と過ごす時間が短くなってしまってとても寂しい」と悲しげな表情を浮かべた。

 市教委によると、小中学校の教育課程のうち年度内に修了しなかった内容については、新学期に補充の形で実施する。修了証(通知表)は、小6と中3は卒業式に、それ以外は4月6日の始業式の日に渡す|としている。また、中3は公立高校受験の事前指導のため、試験前日の9日午前中、出校を認める。

ニュース一覧