糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

糸島の子どもたちのいま③ 給食「食べ残さない」82%

2020.04.9

 今回は、子どもたちの食べ物の好き嫌いや給食、間食について。「野菜は好きか」の問いに、「大好き」30・5%、「ほとんどの野菜が好き」55・1%で、計85・6%の児童が野菜好きと分かった。魚料理については、17・8%が「あまり好きではない」、7・3%が「嫌い」と回答。逆に、34・5%が「大好き」、40・4%が「好き」と答えた。子どもや若者の魚離れが言われて久しいが、糸島の児童は、魚好きが4分の3を占めることが明らかになった。

 給食については、「とてもおいしい」が44・5%、「おいしい」が47・3%で、合わせて9割超がおいしく感じている。嫌いなメニューの有無を尋ねると、「たくさんある」13・2%、「ある」47・1%、「ほとんどない」28・4%、「全くない」11・3%だった。

 給食を食べ残すことがあるかとの質問には、「毎日」1・4%、「ほとんど(週に数回)」1・2%、「たまに(月に数回)」が15・3%。「食べ残すことはない」と82・0%が回答したことについて、回答分析を行った九州大大学院農学研究院の佐藤剛史助教(46)は、「給食で嫌いなものがある子どもが6割という数字と突き合わせると、嫌いなメニューが出ても残さない子がたくさんいると分かる」と話した。

 間食では、三つの種類を飲み食いする頻度を質問。「毎日」と「よく(週に数回)」を合わせた割合は、甘い清涼飲料水40・1%、スナック菓子47・2%、チョコレート菓子40・1%だった。「全く飲まない・食べない」はそれぞれ9・2%、4・1%、10・5%。また、間食のために夕飯を食べることができないという児童は、1・8%(15人)が「毎日」、2・6%(22人)が「ほとんど(週に数回)」となっている。

ニュース一覧