糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
  • 糸島波多江駅北1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

かがり火の中、神話絵巻 髙祖神社で夜神楽奉納

2019.11.1

大きなブリを釣り上げた国平の事代主命

 県指定無形民俗文化財で、室町時代から550年ほど続くとされる髙祖夜神楽が10月25日夜、糸島市の髙祖神社(上原和憲宮司)で奉納された。

 神楽師による髙祖神楽保存会(春田昌幸会長、14人)と、髙祖神楽後援会(大江敬一郎会長)が伝統を守り、4月と10月の年2回行っている。一昨年秋の夜神楽は、神楽師の高齢化や後継者不足などから奉納を見送ったが、新たな神楽師の入会もあり、昨年再開。今年も開催にこぎ着けた。

 時折雨が降る中、かがり火に照らされた神楽殿で、神楽の始まりを告げる「神供(じんぐう)」からフィナーレの「岩戸開き」まで、10幕の神話絵巻を繰り広げた。近くの怡土中央台保育園の園児による稚児の舞もあった。

 国平(くにうけ)では、事代主命(ことしろぬしのみこと)が客席の子どもたちに向かって、あめなどのお菓子をまいた。また、手に持った釣りざおの糸を垂らすと、客席から大きなタイやブリなどがつり下げられ、ユーモアたっぷりなしぐさで見事大物を釣り上げ、客席を沸かせた。

ニュース一覧