糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
  • 糸島波多江駅北1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

2法人と個人5組、仕事場シェア 糸島よかとこラボ

2019.12.6

元病室の部屋をリノベーションし、仕事場として使う深水さん(右)と大河原さん

 1階で診療が行われている有田クリニック=糸島市前原西=の2階の病室やフロアを、リノベーション(改修)で造り替えたコワーキングスペース(共同利用の仕事場)「糸島よかとこラボ」が、7月に誕生して5カ月。10ある個室のうち、2法人・個人5組が7室に入居。市民参加もOKの「朝活」(早朝の勉強会)やセミナーイベントも開かれ、ラボ内外の交流も広がり始めている。

 運営するのは一般社団法人・糸島よかとこラボ(浜俊壱理事長)。名称には「よか(いいもの)とコラボ(協同)」などの意味を込めたという。

 10室以外に、テーブル続きの部屋で個々人が仕事をするコワーキングスペース(7席)、ソファでくつろげ他の利用者と雑談できるラウンジ、セミナーなどが開ける会議室がある。可也山を望む屋上スペースでは、夏に利用者がバーベキューを楽しんだ。出入り口は病院と別で、セキュリティーは万全。

 糸島在住ながら愛知のシステム開発会社のITコンサルとしてフルリモートワーク(在宅勤務)をする大河原麻衣さん(40)と、夫でフリーライターの深水央さん(45)は、2人で11平方㍍の部屋を借り、家賃など毎月約2万円を払う。

 深水さんは「ここだと仕事とプライベートのめりはりが利く。入居するデザイナー、プログラマーと交流する中で、互いの仕事につながることも」とメリットを語る。

 空きは現在3室。問い合わせは、同ラボの福島さん=070(6468)2940。

ニュース一覧