糸島新聞
創刊100周年

設置販売店
ファミリーマート
  • 二丈福吉店
  • 前原末永店
  • 糸島加布里店
  • 志摩可也小学校前店
  • JR筑前前原駅前店
  • 福岡周船寺1丁目店
  • 糸島波多江駅北1丁目店
糸島新聞社
1917年(大正6年)創刊
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

「手伝う旅人」の拠点、前原に  「テンジク糸島」九州初

2020.01.6

「テンジク糸島」に無料宿泊した東京の旅人(左端)は、前原のエスニック居酒屋「ハイホー」で接客の手伝いをしながら、地域の人たちと交流=昨年11月

 旅人が飲食店の接客や農作業など簡単な「地域の手伝い」を引き受ける代わりに、その地域の拠点(テンジク)に無料宿泊できるという独自のサービスをつくった東京の会社「サゴジョー」は、糸島市前原中央に全国5番目・九州初の拠点「テンジク糸島」を設けた。糸島を訪れた旅人と糸島の人が手伝いを通じて交流、将来的に糸島移住への発展も期待できそう。

 昨年11月にできた「テンジク糸島」は、まちづくりを進める「いとしまちカンパニー合同会社」(後原宏行代表社員ら3人)の実験型店舗&シェアハウス「ランタイム」を利用。同社が案内人となり、旅人の受け入れと「地域の手伝い」の集約を行う。旅人による手伝い受け入れは、既に前原中央の飲食店2店、同市高田のすし店、長糸のパクチー栽培農家などが了解済み。

 サービス利用希望者は、まずサゴジョーのサイトで氏名や得意な仕事のスキル情報などを旅人会員として登録(会員数約1万7千人)。旅人は、テンジクのある奈良県吉野町、京都府京丹後市、山口県下関市、和歌山県本宮町、糸島の各拠点に示された手伝いメニューから選び、申し込む。滞在期間は、初回は2~5泊、2回目以降は1カ月以内。

 観光地としても知られる糸島は5拠点中、東京からのアクセスもかなりよく、希望者が増える、とサゴジョーはみている。

 昨年11月、テンジクの説明のため糸島に来た同社プランナーの石田奈津子さんは「旅人は糸島での体験で糸島好きになり、一旦帰ってもまた戻ってくるのでは。旅人との密な交流で、(都市部に住みながら特定地域と継続的に関わる)『関係人口』が増えるなど、糸島がもっと楽しくなれば」と期待を込めた。

 後原代表社員は「糸島は魅力的な手伝いメニューを用意できる潜在力がある。それに引かれてユニークな旅人が来て、糸島はもっと面白くなる」と自信を見せている。

ニュース一覧