糸島新聞
1917(大正6)年創刊

毎週木曜日発行 購読料 1カ月 900円(税込)1部 225円(税込)
糸島新聞社
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

19年度7億円/ふるさと納税右肩上がり

2020.10.16

スチームシップが運営するサイト「楽天ふるさと納税」

 糸島市のふるさと納税の寄付額が、年々右肩上がりで伸びている。2019年度の寄付額は約7億円で、県内60市町村中、11位。前年度と比べ約1・4倍、寄付件数も約2万7千件と同年比で約1・3倍増えた。市は「返礼品の品数の増加に比例して寄付が増えている」と分析。本年度の寄付額も9月末時点ですでに約2億3千万円に達しおり、昨年同時期と比べて約8千万円多くなっている。

 市のふるさと納税は、合併時の10年にスタート。初年度の寄付額は286万円で、特典としてエコバッグを贈呈していた。15年にふるさと納税を仲介するポータルサイト「ふるぽ・ふるさとチョイス」を開設してからは、寄付額が順調に伸び、17年にはさらに「さとふる」と「楽天ふるさと納税」の二つのサイトが加わった。

 18年に楽天のサイトの運営業者を、「スチームシップ」(本社・長崎県波佐見町)に変更。返礼品の数を同年の180品から、20年7月現在で908品まで増やしたことで、同サイトの寄付額も18年度の1億3500万円から19年度に4億1300万円と、約3倍に。

 同社は糸島市に「糸島営業所」を構え、事業者へのこまめな営業を行うことで返礼品を増やすとともに、目を引く写真の掲載や、分かりやすい商品紹介の文章の作り方などのサポートが奏功した。また過去に寄付をした人に絞ってお礼状を出すなど、リピーターに重点を置いた方針を打ち出すことで「糸島市さんが過去一番、気持ちの良い対応をしていただきました」など高評価のレビューを得、寄付者の口コミを呼んでいる。

 19年度の寄付件数2万7166件のうち、東京都からが最も多く、全体の23・8%を占める。次いで神奈川県(9・8%)、福岡県(9・6%)と続く。人気の返礼品(19年度の件数ベース)は、1位「糸島手造りハムおすすめギフトセット」、2位「博多和牛ヒレ肉シャトーブリアン」、3位「博多華味鳥の水炊きセット」。

 市経営戦略課によると、最近の傾向として、食品以外にも工芸品や雑貨などの返礼品が上位に増えてきた▽事業者から「ふるさと納税のおかげでコロナ禍でも収入を確保できた」との声が聞かれる▽野菜の定期便が人気▽夏場はジェラートなどの冷たいスイーツの返礼品が多く出る―などが挙げられる。

 スチームシップの藤山雷太代表取締役は「寄付される方がわくわくするような、他にない糸島らしい返礼品を用意するよう心掛けている」といい、市経営戦略課の岡祐輔さんは「糸島は一つの返礼品に依存せず、多くの事業者、商品があり、総合的に寄付額を積み上げているのが強みであり、特長」としている。

ニュース一覧