糸島新聞
1917(大正6)年創刊

毎週木曜日発行 購読料 1カ月 900円(税込)1部 225円(税込)
糸島新聞社
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

JA糸島でもSDGs 地域資源利用で海、陸の豊かさ守る

2021.05.14

JA糸島アグリで販売するSDGsシリーズ

 JA糸島は、国連が提唱する持続可能な開発目標「SDGs」取り組みとしてアグリ店=糸島市志摩小富士=で、「すてなんな君」、「シーライム」などのJA糸島オリジナルの環境に優しい資材を販売している。生産者や家庭園芸を楽しむ人が、作物の生育が良好になる上に、利用することで「SDGs」を実践できると好評だ。

 残った食物を肥料にする生ごみリサイクル段ボールコンポスト「すてなんな君0(ゼロ)」やコーヒー、茶殻用の「すてなんな君アロマ」は自分で作るリサイクル肥料。JF糸島と協力したカキ殻肥料の「シーライム」、 福岡市中心街、天神のビルの飲食店で出た食材の不要部分や食べ残しなどを使った発酵促進剤「天神様の地恵(ちえ)」、糸島市シルバー人材センターのせん定作業で出たせん定枝を使った「よか堆肥君」などは、市民などの協力でごみになるものをリサイクルし、企業が工場で製造、JA糸島が販売する循環を生み出している。

 JA糸島経済部長補佐の古藤俊二さん(57)は、地域資源の利用で、海、陸の豊かさを守ることにつながるとし、「糸島でのリサイクル資材の利用がSDGsのモデルとして、糸島から都市圏に広がっていくことを願っている。それぞれの企業、人が環境に責任を持つ一助となれば」と話している。

ニュース一覧