糸島新聞
1917(大正6)年創刊

毎週木曜日発行 購読料 1カ月 900円(税込)1部 225円(税込)
糸島新聞社
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

わかまつ農園が農家カフェ二丈吉井に「りた」オープン

2021.08.20

若松農園の農家カフェ「りた」でスタッフと若松代表(右)

 糸島市二丈で有機農法でのオリーブや甘夏などの果樹や野菜を栽培する「わかまつ農園」(若松潤哉代表)が、二丈吉井の福吉駅そばに直売所を併設した農家カフェ「りた」を9日オープンした。農園の甘夏やオリーブを使って作ったスイーツやジュースなど無添加で自然のままのおいしさを提供する。自家栽培の野菜やこだわり農家の野菜販売も行い、農園で採れたものを使った加工品も販売する。

 代表の若松さん(46)は、2013年に妻の由加利さん(38)と2人の娘と東京から糸島市に移住し、農家での研修期間を経て、14年に二丈鹿家の耕作放棄地となった甘夏の果樹園を借り受け就農。甘夏栽培を始めた。今ではビワ、梅、イチジク、オリーブ、黒豆なども栽培品目に加わり、二ホンミツバチを飼育し、農園の花から百花蜜を採って販売も。農園管理は妻の由可利さんとスタッフ3人が担当し、福吉中、福吉小、福吉保育園に通う4人の娘たちが手伝いをすることもある。

 倉庫を改装したカフェは60坪で26席。野菜、加工品を販売する直売所には、甘夏などの精油を原料にした「農香(のうか)シリーズ」の万能洗剤、保湿クリーム、除菌作用のあるルームスプレーなどが並ぶ。黒豆茶やビワの葉茶もある。

 カフェのスイーツ一押しはパウダーにしたオリーブの葉を使ったロールケーキ「オリーブロール」で、19日からは、ランチメニューも始まり、農園の野菜を使った自家製ピザ「農園ピザ」を提供している。

 農薬や化学肥料を使わずにできる農業や添加物が入っていない加工品で暮らしに役立つものを作り、循環型の農業で、環境を考え仕事をすれば、すべては利他の心に通じると名付けた店名が「りた」。「自分が考える持続可能な農業、食べ物、暮らしを『りた』で手に取っていただけたら」と若松さん。また、作り手の農家と買い手がつながる場でもありたいと夢を広げている。

ニュース一覧