糸島新聞
1917(大正6)年創刊

毎週木曜日発行 購読料 1カ月 900円(税込)1部 225円(税込)
糸島新聞社
福岡県糸島市前原東1-8-17
TEL:092-322-2220
FAX:092-324-5115
itoshin@blue.ocn.ne.jp

ニュース
News List

糸島の米と水と蔵の純米大吟醸が2年連続金賞 全国新酒鑑評会

2022.06.3

田中社長(後列中央)を囲み、受賞を喜ぶ社員たち

 令和3年酒造年度全国新酒鑑評会で白糸酒造(糸島市本)の純米大吟醸「白糸35」が2年連続で金賞を受賞した。

 同鑑評会は酒類総合研究所(旧・国税庁醸造研究所)と日本酒造組合中央会の共催で、明治44(1911)年に始まった日本酒のコンクール。蔵元に酒造技術を指導する鑑定官が審査する。

 蔵元各社は一点しか出品できず、それぞれの蔵が最自信作を出品する。今回は、全国から826点が出品され、優秀な成績の405点が「入賞酒」として認められ、その中から205点が金賞を受賞。福岡県からは、同酒造の他、喜多屋(八女市)、みいの寿(三井郡大刀洗町)が金賞を受賞した。

 純米大吟醸は、精米度(米を磨いて残った米の割合)50%以下の米と米麹と水だけで作られ、醸造アルコールを加える大吟醸に比べ香りを出すのが難しいと言われている。そんな中で、純米酒にこだわっての受賞に喜びもひとしおのようだ。

 同社の田中信彦社長は「2年連続で金賞をもらえるとは思っていなかった。受賞の報を受け社員みんなで大喜びした。糸島産の山田錦を背振山系の伏流水で醸造し、昔ながらの石の重みだけでしぼる『ハネ木搾(しぼ)り』で丁寧に造った。まさに糸島の酒で受賞できたことがうれしい。糸島の皆さんにも、ふくよかな出来栄えの白糸を楽しんでもらえたら」と話している。

ニュース一覧